上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フクアリ

↑ キセキ直前@フクアリ


2008.12.6。

これから何年後か何十年後かに,この日,このスタジアムで起こったことを
肴に酒を傾けたいと思えるような,棚に並べて飾っておきたい試合でした。

かつてのドーハもジョホールバルも劇的だったけれど,
それに負けず劣らず,むしろその場(スタジアム)に立ち会うことができた,
という意味では,今まで観てきた試合の中で一番心が揺さぶられました。(号泣

そもそもキセキ的にこの試合のチケを押さえてくれたPIPPOに感謝。
(毎回トーキョーとは良い試合になるのです。)


ぜひ振り返っておきたかったので勝手に振り返ってみると,
トーキョーも,あわよくばACL圏内ということで,
試合開始直後から,チームとしての気合いが見える両者。

千葉は,サイドに起点をつくってクロスor逆サイドへ展開,という意識は強いものの,
深井は対面の徳永にいいところなく抑えられ,
レイナウドは(周囲のフォローの問題もあるとは思いますが)
球離れが悪くスピードもないために,長友&羽生の網をほとんどかいくぐれず。

逆に,奪われたボールから,カボレや鈴木(達),羽生が絡んでくる
相手の攻撃が効果的で,徐々に劣勢→失点。

後半の長友のミドル(ナイスシュートでした)が決まって0-2になり,
トーキョーの羽生→大竹への選手交代,ミラーさんの新居&谷澤を入れての立て直しによって,
少しずつ風向きが変わりつつあったのですが,その後,象徴的なシーンが1つ。

浮き球のロングボールに対して,トーキョーの選手がオフサイドポジションだったので
足が止まり,ボールへのアクションを取らない千葉のDF&GK。
しかしオフサイドだった選手がプレーに関与する姿勢のないことから主審の笛は鳴らず,
ボール自体には勢いがなく,エンドライン際で止まりそうな地点には,
オンサイドだった大竹ただ1人が駆け寄り,突破を許してしまう。

このシーンを観たときに,チームを鼓舞し続ける巻やサポには申し訳なく思いながらも,
「あぁ,これは降格するチームのプレーだな」とショックで切なくなり,正直諦めました。


…でも,そんな雰囲気は,諦めない選手による1つのプレー,1つの得点で
明らかにガラッと変わりましたね。ヤザーの裏一発ダイレクトプレーから辰兄!


そして,巻の落としからヤザーのゴールで2-2に追いついてから,
初めて他会場の結果を気にする超ゲンキンな僕。

「え!ヴェルディ負けてる!?」
「磐田は…うそ,磐田もっ!?」

その後の流れは,
サッカーでよく言う「2点差は危ない」という通説的な何か,
「今こそ!WIN BY ALL!」というサポの力的な何か,
今まで2部に落ちたことのないという執念みたいな何か,
サッカーの神様的な何か,
フクダ電子アリーナという場所が持つ何か,
「あきらめたらそこで試合終了ですよ」という安西先生的な何か,
もう,「…的な何か」でまとめてみるしかないくらい,劇的なものでした。


…そしてタイムアップ。さぶいぼでました。


もう,がんばった人にはちゃんとゴホウビがあるんだなーと。
GReeeeNの唄ではないですが,
今シーズンこれまで奮闘してきた「軌跡」が「奇跡」を生んだんだろうなーと。

僕は,シーチケ買ったり,サポグッズに身を固めたり,ダンマク掲げたりといった
コアサポではない(し,残念ながら,そうなる気もあまりないw)のですが,
このチームを応援しててよかった,またずっと応援してたいと思った,
傍に座っていたトーキョーサポに「千葉サポってこんなに居たっけ?」と言われた,
15,000くらいのサポの中の1人でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。