上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サザエさん症候群の治療のため,ヒキコモル我が身に鞭打つ。

ELEKIBASSなるバンドにて,お知り合いのすずさんがTb吹いてるので,
隠れ(?)すずファンの一員として,堪能させてもらいにいってきやした。


10.28  YANKEES' HOLIDAY@渋谷O-Crest


対バンの組み合わせが,だいぶ振れ幅が大きい,というか,
ジャンルがよく分からんというか,なんていうか面白くて。

一番のお目当て(と言うか唯一知ってる)Wack Wack Rhythm Bandは
久々の生食だったものの相変わらず超ワックワックさせられました。
兄さん姐さんたちの音楽は,いつ聴いても変わらない,ってことが
何よりも素敵なことだと思うわけです。
願わくば,そのまま爺さん婆さんになるまで演り続けてもらって,
Buena Vista Social Clubみたいになったら…,なんて勝手に妄想。

他に,Kiiiiiiiなるガールズ2人組がおったんですが,
彼女らにはぶっちゃけ予想外というか,度肝抜かれたというか!
いやーすげーびっくりしました\(゚o゚;)/
百聞は一見に如かず!なんだけど,なんだろうこの感覚は…
強いて言うなら,このままBIGになってもらいたい,わんぱくでもいい,
たくましく育ってほしいという丸大ハム的太ももがセクスィーだってことなのさ。


wackはともかく,他は普段あまり聴かないタイプで,だいぶPOPなかんじ。
で,ELEKIBASSは,良い意味で分かりやすい,そして個人的にはなぜか
ちょっと懐かしさ的なものが匂ってくる音,でした。うん。
たぶん,The Beatlesとかに通じる60sな感じがあるからでしょーか。
なにより,ピースフル。「音楽好きです感」がすごく伝わってくるBandでした。



【おまけ:先週の税】

広島×千葉は,終了間際の同点劇だったようで。
試合観ていないから何ともいえないけど,
「広島,空気読めなくてすまん,とりあえず残り試合がんばれ」とか言ってみる。

多摩川クラシコは,大花火大会だったようで。(-人-)合掌
試合観ていないから何ともいえないけど,
「F東京,来年はダービーもクラシコも子ラシコもあって大変やな」とか言ってみる。

あーあ,totoあたらんねー。
次回の繰越金は過去最高らしいので,
そろそろ幸運の女神がキてもおかしくないよな。
スポンサーサイト
2007.10.27 大人になれば
どういう人になるのだろうかとか思ってたけれど,
まさかCDを衝動買いするような大人になるとは
まさか思ってなかった気がする。

シングル一枚買うにも厳選して悩んでたころがナツカシイ。

というわけで以下,最近勢いのなかでお気に入り3枚。


?VERDE QUE TE QUERO ROSA / CARTOLA

雑誌TITLEの11月号がniceな特集をやっていて,「ミュージシャンが選ぶ至福のコーヒーミュージック」てなことで,オレペコのナガシマトモコ嬢がリコメンドしてたうちの一つ。なんだけれども,ジャケットのカッコ良さだけでごはんが3杯おかわりできそうな感じ!たまたま渋谷タワレコ行った時にその雑誌とタイアップしたコーナーが作られてて,思わずお買い上げ。あまりブラジルのミュージシャンはしらなんだが,大御所らしい……だけあって,もちろん曲たちもカッコ良杉。


?bossa nova 1991:shibuya scene retrospective

小西さんが「渋谷系」の切り口でコムパイルした2枚組。当時,ピチカート好きだなーとか,フリッパーズとかオザケンとかいいねーとか思っていた割にはあまり追求していなかったのが今になって不思議な感じ。ラヴ・タンバリンズとか,2007年の今聴いても間違いなく酔いわけで。クボタタケシがよく回すあの「大人になれば」も入ってたりします。お恥ずかしながらこのCDで初めて聞いたんだけど,「大好きなシャツ / 渡辺満里奈」これは名曲すね!!びっくり。


?わたしのうた / 畠山美由紀 with ASA-CHANG&ブルーハッツ

去年(だったか?),ASA-CHANGが結成した幻のビッグバンド,ブルーハッツ。ライヴ盤を1枚だけだしてて,それを聴きながら,嗚呼このメンバでまたやったりしないのかなと思っていたら,ktkr,やってくれましたよ。しかも畠山美由紀のアルバムとして,ジャズから歌謡曲までをプレイ。なかでもスタンダードナムバー「Diamonds are a girl's best friend」,そしてあのリリーフランキー\(゚o゚;)/をフィーチャーした「Somethin' stupid」が素敵過ぎ。ライヴ観てみたいなあ。


これまでそんなに積極的に購入してなかったものの,
ふと目に留まったFamiポートに吸い寄せられるように
totoBIGに手を染めちまつた先週末。

汚れちまつた悲しみに… (c)中原中也

どう見ても当たりそうに無い気配でしたが,期待どおり,ものの見事に当たらず,
夢だけを買つちまつた,とまあ,そういうわけだ。

IT企業,システム屋の端くれとしては,
toto運営側がどんなロジックを組んでいるのか
気になって気になって夜も眠れなさそう。


…んなこたない。日々爆睡。だけど,
せっかくの秋の夜長なのでそれなりに思い悩んでみるとします。



totoウェブサイトのBIG解説によると,こんな文言が。

・指定された14試合のホームチームの90分間での「勝ち」「その他(引き分け・延長)」「負け」を
  コンピュータがランダムに選択
・すべての組み合わせ(4,782,969通り)を1セットとして販売しているくじではありません


ふむふむ。さらには,きっとこういうことも,要素としては,ある。

・サッカーなので,予想外の結果が出る可能性はあるが,
  勝ち負けが決まる確率と引き分けが出る確率には(恐らく)差がある。
・運営側が指定試合を決めている
・購入する側に結果を予想する余地はない



うーん,コンピュータほど「ランダム」が難しいヤツはいないので,
くじを発行システムのどこかのロジックに乱数を組み込んで出してるんだろうけど,
純粋な「ランダム」であれば,1/4,782,969の確率で1等が出る筈。
だけど,自らそんなの関係ねぇと言ってるし,実際にそんなに当たりは出てなさそうな感覚。

手短に,直近10回で確かめてみるとこんな感じか。↓




計算がやや強引だけども,totoさんの言うとおり,4,782,969人に1人は当たってない。
若干(!?)当たりづらくなってるんだな。
(統計的に有意な差があるか?なんてのはこの際ちょっと横に置いといて)
やはりここには作った側のロジックが入ってると考えるのが妥当か。

例えば…,

引き分けが出なさそうな試合(例えば上位vs下位とか)を選びつつ,
引き分け「0」が多めに含まれるようにすることで当たりを出にくくすることで,

適度にキャリーオーバーを積み上げる

売り上げを伸ばしつつ

適当なタイミングで当たりを出して

客離れをそこそこで食い止めておく

適度にキャリーオーバーを積み上げる

(※リフレイン)


なんて,きっとやってるのだろうなあ…,と邪推するわけです。

でも実は,さんざん赤字を出してるtoto運営側の立場に立ってみると,
このBIGはこれまでのtotoとは違って,「ある程度コントロールした当たりを出せる」という意味で
なかなかの妙手なのではないかと思ってる。
国からの資本や借金から脱却するにはもっともっと工夫が必要だろうけど。



結論。やっぱり6億は欲しいので買い。

そしていざ6億があたったときに周りに言うかナイショにしとくかどうしようかを
悶々と思い悩む自分の姿を妄想する,なんて倖せな夢をみながら眠ろう。
2007.10.16 編集者への道
またもや久しぶりになったのにはそれなりに理由があるわけで。

職場先輩のケコーン式で流す用VTRの製作に構想2ヶ月製作1ヶ月半,
ネタ撮りにはじめの頃の週末のほとんどを費やし,
編集にそのあとの週末のほとんどと夜のほとんどを費やし,
丹精込めて作り上げたVTR(いや,もはや作品と言えよう)が
先週末に封切りになったわけです。

流す直前までは,内輪ウケなんじゃないかとか,
自己満足なんじゃないかとか,
笑ったり泣いたりしてもらえるのだろうかとか,
なにはともかく新郎新婦に喜んでもらえるだろうかと,
さんざん心配してしまい,久々に金鳥。

…結果。式場のプランナーの人にも「今まで見た中で5本の指に入る」と
褒められ,司会の人にも「ここまでのものは見たことないですよー」と
お世辞を言われ,だいぶいい気にさせてもらってしまった(自画自賛)。

両親や親戚や相手側の友人たちからも大絶賛で,両親や家族からは
もう一度観たい!という熱いリクエストまであるとかないとかあるとか。

自分がなにかしたことによって,驚いて感動して喜んでくれるのって,
すごいwin-winになれて,こっちもすごく嬉しくなれてしまうのだな。
いやー何回徹夜したか分からないけど,そんなことは忘れちゃうくらい
充実感にひたることができた良い式でした(・_・、


なんだろう…,「仕事でもこのくらいの充実感がほしいぞ!」 (。・_・。)ノ


…とおもうと,いつも,好きなことを仕事にしたほうが幸せか,仕事は仕事で
素人的に好きなことを楽しむが幸せか,という良くある難問にぶち当たります。


答えは…出ず。


で結局,調子に乗って作品をYouTubeあたりにUPしたいところだけれど,
新郎新婦のプライベートを侵害する惧れがあるのでガマンするわけ。オトナ~。

だんだん日々の生活が殺人的になってきました。

木 … ビデオ編集にあけくれ徹夜
金 … ビデオ編集にあけくれ徹夜一歩前
土 … 従妹の誕生日に駆け付け(@葉山)で呑み杉
日 … 葉山→二俣新町でフットサル4H→そして蘇我へ

ビデオ編集はビデオ編集でハマると楽しくなれるし,
フットサルはフットサルで,ボールを蹴れること自体が
楽しかったので,ちょっとはしゃいじゃいました。

ご一緒したチームの中には,女性のプレーヤが5,6人いて
ユニもばっちり揃えてる,なんてチームもいて,ちょっとびっくり。

フットサル人口って,なんとなく増えてるのかにゃー?という感覚は
ちょびっとあったけど,なんと200万くらいになってるとか。うほ。

しかも,そのチームの女性たちはちゃんと基礎ができてて,
キックもトラップもきちんとこなすし,何がすごいって,
男性プレイヤーが突破した際には,きちんとファーサイドに詰める!
ミックスだと,女性が2点とかいうルールも多いから,こいつは非常に有効。
ちゃんと練習を積んでいるのが見て取れる好チームでした。

なんだろうこのこそばゆい既視感は…と思って考えてたんだけど,
そう,深夜にやってたアイドルたちのフットサル番組!あんな感じ。

歳とともに,「しっかり練習」とか「定期的に運動」といった
キーワードが生活の中から欠落してきちゃっているから,
なんかちょっと羨ましかったりもして。


…そして。

心地よい疲れと心地よくない肩こりを抱えてフクアリへ。
トーキョー○鹿のpippo君とSA席で仲良く観戦。いろいろありがとー。
アウェー自由に近い指定席は,青と黄色とが入り乱れてて,
これが日本のいいところだよなあ,なんてそんなことを考えてました。

でも,ちょくちょくサポ同士の事件とかも起きたりしてるし,
自分の近くで罵声とか聞くと,コノヤローとか思ったりもするだろうし,
きっちり席として分けておいたほうが良かないかね。
東京と千葉は距離が近いから,アウェー席に収まりきらなくて
それでも見たい人が指定買った,ということもあるだろうけど,
そのうち大事件が起こってしまわないかと若干心配になったりします。


↑前置きが長い…失敬。

【前半】
開始早々,トーキョーの早いプレスに押されてドタバタしたのを除けば,
後は完璧にウチのサッカーがハマった感じ。巻に早めにボールを入れて
競った後のセカンドボールを拾いまくったことと,十八番の連携した守備から
どんどん人が追い越していく,っていうショートカウンターが炸裂。
本来なら3-5-2対4-4-2なのでサイドが数的不利になっちゃうところは,
右は勇人,左は智ががんばって対処してうまくいってました。

我らの最終兵器,国王(中島浩司)がナイスプレイ連発という誤算もあり,
前半は2-0。うん。順当。

【後半】
2-1になるか3-0になるかで大違いだと思ってたので,
3-0になった時には,「よしよししめしめ」と思ってたのです。

が。その時歴史が動いた,みたいなターニングポイントがその後。

新居→昇平。石川直に代わって入ったリチェーリを智が抑えられて
なかったのは確かだったので,そこに蓋をしようっていう魂胆,
ていうアマルの考えは理解できるけど,
結果的にその交代が前線のポイントと守備の基点を失い,
パワープレイに来た時のロングポール蹴り手へのチェックもできず,
カウンターの時の相手への怖さがなくなり,結果ゴリ押された気がしました。

結果論だけど,あのまま新居が出てたらカウンターで4点目とれたんじゃ?とか
例えばトミーをリチェーリに充てて,工藤ちゃん下げて楽山とかいう手も
あったのでは?とか思うところは色々。

それにしても,試合中にpippo君が「ラグビーみたい」と自チームを例えてたのは,
言いえて妙,というか,確かに,スクラムやモールでFWに押し込まれて
トライされてしまう,かつての早明戦(最近は早稲田FW強いけどね)と同じ感覚(!)
相手の勢いをいなせない,押し返せない千葉。2失点。
あ,西部さんもやっぱり同じようなことを言ってました。ファイトボール!?

【総論】
うん。やっぱりトーキョーとの試合はいつも面白くなります。
両チームの性格なのかなあ,これからもそういう運命な気がしてきた。
(でもいつか,5-0くらいで「参った」と言わせたい!)

そうそう。言い訳させてもらうと,後半,

①口数が少なかった
②貧乏ゆすりがとまらなかった


なんていう冷静なツッコミをいただいてますが,あれ,

すげー寒くて震えてたんすよ正直。
と言っておきたいw

フットサルの汗が冷えたところに,後半から風が出て雨もパラついてきて,
シャツ1枚ではとてもじゃないが守りきれませんでした。2失点。


サッカー観に行くのに重装備が必要,そんな季節になってきましたな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。