上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これまた幼いころからサブリミナル的に脳みそに刷り込まれてる
竹内まりや女史がNEW ALBUMを出されていて,
行きつけのHMVで流れてるのを耳にしたらもうパブロフの犬状態で
ふらふらと試聴マシーンにすいよせられてました。

初めて耳にしてからもう15年以上(!)経過するはずなのに,
いい意味でぜんぜんかわってない!

彼女がもう五十路に突入してるなんて信じられないす。
絶対,良い歳の重ね方してるからこういう歌唄えるんだろうなあと,
#12の『人生の扉』の歌詞がそんな風に連想させます。
ぜひ"over90"まで元気で変わらず唄ってほしいもの。

そして
#5の『シンクロニシティ(素敵な偶然)』 を聴いてたらなぜか
頭の中のシナプスが"Serendipity"とつながりました。
はて?駄洒落じゃあるまいし,と思ったのだけれども,
久々に映画『Serendipity』が観たくなってきたぞ。


『幼心に憧れてた「大人」を思い出させてくれる,これからなりたい「大人」に思いを馳せられる』
…そんな一枚☆
スポンサーサイト
2007.05.25 ぎゃふん。
そりゃぎゃふんとなりますわな。

小山薫堂さんとこのBLOGで紹介されていた,
テイクアンドギブニーズの野尻社長とモデルの田波涼子さんの
結婚式のInvi-ta-tion

す,すっげー\(゚o゚;)/

若干(というか,かなり)カネにもの言わせてる感も否めないけども,
この一連のアイディアはすごいよ!すばらしいよ!

結婚式に限らず,こういったモノでヒネリを効かせる,的な,
他人と「ちょびっと違う」のを狙う洒落心が大好きなジブンとしては,
この心意気にはゼヒあやかりたいものです。
こういうことがデキる漢になりたいものです。

しかし,こんなに気合の入ったInvitationだと,
肝心の結婚式自体はどんなことになっちゃうんだろうか(怖)

と見紛うような,これ

なんじゃこりゃ。空いた口がふさがりません。。。(´Д`;)

いち無党派層としては,
政党に求めているものは親しみやすさでも面白いCFでも
かわいいマスコットキャラでもなんでもなく,
納得して支持(投票)したいと思える政策と
それを約束どおり実行する力のある政治家なんですけれども。

どこまで考えてやっているのかわからないけど,
これで票が集められると思ってるとしたら
ちょっと国民を舐めてるんじゃないですかね?

最近ちょっと右に傾いてきたかな?ちょっと怖いなという
気がしないでもないので,野党の皆さんにはしっかりして
もらわないと困るんだけどなぁ。


「さて,そろそろ反撃してもいいですか?」

というNTTdocomoのCF
有名若手俳優をどっちゃり起用して話題になってるみたいだけども,
このコピーが気になってました。

(以下,極個人的,勝手なイメージなのでご了承を。)
斬新な携帯デザインや学割などの魅力的な新サービスでシェアを広げてきてるau。
業界3位ながら,孫さんが買収して以降,価格面で他社との差別化を
前面に押し出して勝負するSoftbank。

コレに対して,「携帯業界のガリバー企業」docomoは,マーケティングに関しては,
既に抱えるユーザが多かったためか,携帯のデザインやサービスにおいてはむしろ,
他社に追随していくだけ,というようなイメージがあった。

で,ポータビリティーで一人負け状態になって,出てきたのがこのキャッチコピーでしょう。

「既にデザインケータイとか着うたとかサービス面ではいろいろやってきてるから
あまり2.0的ではないとすると,この「反撃」って,通話料下げるとか,そっち方面か。
だとするとdocomoは体力勝負に出たってこと?」という風に邪推したわけで。

もともと,「docomoは高い」みたいなイメージがあったから
効果的かもしれないけど,また二番煎じじゃないのかな?
と思ってたら,大前さんが同じようなことを話題に
大前さんの言うことは一理あるね。

とはいえ,CF自体は面白そうなので,うーん,いろんな意味で愉しみっすわ。
2007.05.20 ツいてます
もし今日Golfだったら悩まされそうな風だけれども,見事な五月晴れってな具合だったもんで,
田中星児のビューティフルサンデーを口ずさみながら(ほんとかよ)
爽やかに洗濯物なんぞを干していたわけです。
しばらくしたら,俺の田中星児に対抗するように,どこからともなく歌声が聞こえてきて。
誰だこのヤロー,とふとベランダのほうを見やると,日曜日よりの使者が降臨してました↓

あらいらっしゃい。

思わず傍らにあった携帯のカメラを構えて,
自分の家なのに泥棒のようにそろーり近づいてパチリ。
ということでズームはこれが限界…。

なんてこたないただのスズメだけれども,
彼(彼女)がこの世知辛いTOKIOコンクリートヂャングルにおける
一服の清涼剤となってくれて,こちとらだいぶ癒されモードに。


んで,日が落ちてきて日曜日よりの使者もお帰りになられたし,
そろそろ干してあった洗濯物を取り込もうカナと思ったら…,

嗚呼。
まさか。
これって。

せっかく天気がいいから洗ったタオルケットのケバケバに混ざって,
彼(彼女)のもよおしたに違いないウ○コがポツリポツリと。

くっそーヤツめ,今度現れたら舌切ってやるo(`ε´*o)
ここんところのtotoのシステムダウンに対して,文科相が苦言を呈してるらしい。

システム開発受託してたのはご近所のUNIS○Sさんと記憶してますが,
いまさら文科相に苦言を呈される謂われはないよなー,と,ちょっと同情。

toto管理・運営してる(独)日本スポーツ振興センターって,
文科省の天下り(外郭)団体でしょう?

totoが議論になっていた当初,ビジネスとして成り立つのか,収益の分配は
適切といえるのか,青少年(←この表現嫌いだけど)への悪影響はどうなのか…等,
経営上の課題は当初から顕在化していたのに,
一時のJリーグブームに調子に乗って対策をおざなりにしてきた結果,
ブームが去って売り上げが落ちたとたんみんなからバッシングを食らったと。(当然)

で,あわてて対処療法的に射幸心を煽る仕組みを取り入れていって,
だけど大赤字だからシステムなんかに投資してる余裕なんてないよ,と後回しに
してきたツケが回っただけなんじゃなかろうか,と容易に想像がつくわけです。

そもそもtoto導入を推進してきたのは文科省じゃなかったっけか?
totoの監督省庁は文科省じゃなかったっけか?
toto運営してるトップって文科省の天下り幹部じゃなかったっけか?

(当時と今の大臣は変わってるんだろうけれども)
自ら,自分たちには経営感覚がないです,と言ってるように聞こえてしまうね。

お,チョコレートのPVを発見☆

airdropと彼らの曲に出逢ったのは最近,ホントに偶然で
(ま,得てして音楽との出逢いはいつも偶然なんだけども)
たまたまスペシャを観てたときに彼らのライヴの映像が流れてて,
それを観たボクははからずも魅せられてしまったのです。

ヴィジュアルなのか,唄声なのか,空気感みたいなものなのか,
どれが自分にしっくりきたのかは分からないんだけれども,
初めて歌詞がすーーっと耳から入ってきたときに,正直泣きそうになって。
うまく言えないけど,その時の自分の精神状態や置かれている状況が
唄われている歌詞に対して,思いっきりシンクロした,という感じかなあ。
(歌詞の主人公は大体女の子なんだけどねw)

齢27,まさか曲を気に入った勢いでインストアライヴ聴きに行って
CDにサインをもらうための列に並ぶとは思わなかったなー(照)
しかもあまりメジャーじゃないので,客少ない上に女の子ばっかで(激照)

でも,生で聴いたときにまた改めてジーンとなったってことは,
このairdropに対する恋心はホンモノなんじゃなかろうかと,
ちょっと思うわけです。

2007.05.12 vs トーキョー
今節はトーキョーとの対決だったので,
味スタに観に行こうかなとも思っていたんだけれど,
4時起きでGolfだった(しかもさんざん)だけに自宅に着いたとたん
とてつもない睡魔に襲われてしまったわけで,
コンニャクみたいな意思の弱さになってしまったボクは
新聞のラテ欄でBSの中継があることを確認した時点で
ヒキコモリ確定!してしまったわけで。

で,肝心の試合の内容は…というと,


勇人,ナイスシュート(はぁと)


以上。
…それだけじゃなんなんで,感じたところをちょっと書いてみるとこんな感じで↓

水本-国王-池田の3バックで,ストやんもジョーレも居ない状態では
仕方ないのかもしれないんだけれど,うち(千葉)のサッカーの性格上,
DFラインのビルドアップ時点で相手の早いプレスにびびってしまう(いなせなくなる)と,
→くさびのパスの精度が落ちる
→トップもしくはMFへのボールが収まらない
→連動して裏に抜けてる羽生や工藤へのロングも出せない
→パス回しがばればれ
→全部相手に引っ掛けられる
→はいピンチ
→それが繰り返される
→前に人数をかけるダイナミックさがなくなる(前に出るのが怖くなる)

こりゃ,湯浅健二語で言うところの『心理的な悪魔のサイクル』ですよ。
前半の後半あたりは,まさにこいつに陥ってたように見えたなあ。
んでもって後半の連続被弾。あれを食らわずにふんばれてたら
後半の後半でもっと盛り返せてたと思うんだけど…残念。

…ま,おめでとうトーキョー。
2007.05.09 HOEGAARDEN
久しぶりに,ビールのいっぱいある,よく行く店にお邪魔して,
何飲もうかな~にひひむふふむへへぇ(←心の声)と悩んでいたら,
店員さんがこんなことをのたまうわけですよ。

『すいませんヒューガルデン・ホワイトは切らしちゃってるんすよ。
最近ヒューガルデンはバドワイザーに買収されたので,
作ったものはアメリカに優先的に回されてしまうみたいなんです。
そんなこんなで日本のほうには,樽は(下手したら瓶のものも)
ぜんぜん入ってこなくなっちゃうみたいですよ…。』

ふーん,そうなんだ…いわゆるえむあんどえーってやつっすか…へー…え゛(´Д`;)

「白ビールといえばヒューガルデン・ホワイト」みたいな感じで
代名詞的なものになっていると思うので,
それが姿を消しちゃうとなると
むしろ無性に飲みたくなってしまうじゃないですか。

焼酎→梅酒→カップ酒…みたいな延長で,そろそろ
ベルギーとかのレアビール系が流行ったりして
我が国の麦酒製造会社さんのどなたかが(サッ○ロがむばれ)
バドワイザーから買い戻したりしてくれないものだろうか。

いやまてよ,流行っちゃったら逆に
他のビールたちも飲めなくなるんじゃないのか!?

むむむ…大衆の皆さん…ビールはそっとしといてあげてください(哀願)
2007.05.06 ワイは猿や
51-53の104!

ゴルフ歴ちょうど1周年を迎え,100切りが見えてきたぞ…もうちょい!
休みついでにもいっこ。

これまでも逗子にはしょっちゅう行ってるし
ここの前の道を通ることも数え切れないくらいあったのに
この写真の店の存在には,全っ然気付いてなかったなあ。

どうやら,「根元きこ」っていう有名なフードコーディネーターの
ヒトがやってるcafe,らしいのですが。

いやーそれにしても混みすぎやん☆

いくらゴールデンウィークだからといっても,
cafeって,ここまでして並んでまで入る処じゃないでしょ~,
と思うわけです。だいいち,落ち着かないだろうし。

ゆったりゆっくりまったりほっこり。
cafeはそうじゃなきゃ。

そのうち(すいてる時に)行ってみようっと。
2007.05.04 5.4
もうあれから丸2年が経った。
というか,経ってしまった,というほうがニュアンス的に近い。

あれ以来,ゴールデンウィークはもはやゴールデンではなくなり,
桜も散り,半袖になろうかどうしようかというこの時期が来ると,
ちょうど2年前の記憶が脳裏に鮮明に蘇ってくる。

1日,1ヵ月,1年や2年なんてほんとあっという間すぎて,
自分自身にとって

やりたいこと
やらなくちゃいけないこと
なりたいもの

について考えることなんてほとんどなかったりするけれど,
お墓に手を合わせると,自分を振り返ることができて,

「ああ,今を生きさせてもらってる俺は,日々を無駄に過ごしちゃいけないんだ」
「当たり前のように過ぎていく毎日って,本当は大切にしないといけないんだ」

といつも教えられてる。

また,がんばってみるよ。ありがとう,舞。
2007.05.03 裏拍の支配者
DownBeatRuler '07@恵比寿Garden Hall,逝ってきますた。

『酔い音に囲まれる社会主義』を標榜する同志であるとともに,
ワカモノとオジサンの境界線を見極める調査へと繰り出す探検隊。
ドキドキの調査結果は…,色々と恥ずかしいお年頃なので,はーんてーん♪(照)↓

【空にしたサッポロ黒ラベル350ml缶】 計測不能
【体内に蓄積したプリン体の量】 閾値目前
【購入したイベントTシャツのサイズ】 M(俺にはちょい大きめ…凹)
【ライヴを聴く時のベストスポット】 寄りかかれる壁際
【とんでもなくツライ時間帯】 好みの系統が合わないDJが張り切って回してるとき,フロアから身動きとれない
【とんでもなくツライ現実】 キャンギャル姉ちゃんが明らかに年下

結論…俺らのガケップチ度数:★★★★☆


個人的には,期待通り演ってくれた『akiko + Cassette Con-los』の
『Too Much Weight』がギザヤバス!ですたなあ。

2007.05.02 恋愛百景
を観ながら深夜に一人ハニカむ酔っ払い=俺。

自分的にはですね,ティービ~プロ~ゥグラァムゥにおける嗜好は,
ほぼ小山薫堂ワールドな番組に酔ってる,いや依ってるんですね~と。
彼の手がけたもののうち,カノッサの屈辱,料理の鉄人,世界遺産…
といったメジャー4番打者みたいなのも素敵なのですが,
自分的にはですね,特に,深夜帯の小粋でこじゃれた番組たち↓

トリセツ
お厚いのがお好き?
ニューデザインパラダイス
東京ワンダーホテル
東京ワンダーツアーズ
未来予報201X
アイデアの鍵貸します
R30
全力坂
ワナゴナ
トシガイ  …等々

がいつも僕とのシンクロ率高まりすぎな傾向にありますので,
最近は小山薫堂臭を嗅ぎ分けられる,
一口食べただけで小山薫堂味の違いがわかる,
いっぱしの小山薫堂ソムリエになりつつあります。
なんじゃそりゃ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。