上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「夏と言えば,カレー」という刷り込みは,
「バレンタインデーには,チョコ」「伊東に行くなら,ハトヤ」「旅ゆけば三日月,ホテル三日月」のように
何年にもわたって刷り込まれた洗脳(=企業のプロモーション戦略の成果)なのだろうとは
百も承知なのだが,キャンプと言えばカレー,暑い日にはカレー,やっぱり夏にはカレーが食べたい。

ハウ○食品のCMでは石川遼クンが爽やかに「みんなを元気にする魔法」なんて言いながら
両の拳を握っているけれど,どうしたんだろうあの髪型は…
ファッションや髪型にこだわりをもつ彼が自ら進んでセットしたのだろうか…
スタイリストやヘアメイクの仕業だろうか…僕の周囲では似合ってないよね論が急浮上中。


フーディーズTV放映されている(いた?)『白金台三丁目食堂』を最近よく観ていて,
これは,ケンタロウ氏と栗原心平氏という2大2世料理研究家が食堂の新メニューを考えるという体で,
お互い料理を紹介し合って味見し合ってうまいうまい言って…という,
ある意味華のない残念な番組ではあるものの,そう,あの『男子ごはん』のように
簡単に作れてがっつり食べられる男子的料理を連発するところが魅力。

紹介されていたレシピを元に先日作ってみた『豚肉と厚揚げのココナッツカレー』は,
ちょっとシャレオツ…ゆえに難しそう…なんてイメージとはほど遠い簡単さ。
ジャーッと炒めてササッと味付けしてビャーってココナッツミルク入れたらできあがりだった。
フライパン1枚でできるのできっとキャンプでもできる。きっとおもてなしにもなる。
勿論ビールにも合う(ビールが合わない訳がない)。美味。

かく言う僕,昔はココナッツミルク入りのマイルドなエスニックなカレーが
どうも苦手だったのに,いつから食べられるようになったのかまったく分からないのだ。


viewimg.jpg
(速攻食べちゃったせいで写真撮っておらず,これはレシピ紹介サイトのイメージ転載…汗)

スポンサーサイト

FC2にTwitterまとめて連携して残してくれる機能があるようなので
一石二鳥というかどっちにも書かなくてすむから楽でラッキー
だし,なんとなくblogも更新されてる気分を味わえる)ので
設定してみました。

ついーとって,振り返ってみても
なんのことだかわかるようなわからんような,
わからないんだろーなぁ。
2010.05.04 5.4

すっかりついーとすることで十分の日々を送ってしまってますが
今年もこの時期になりました。


5.4


あれからもう丸5年が経ちました。
年月が過ぎるのは本当にあっという間。


『人間は忘れる動物』っていうことを誰かが言っていたような
気がするけど,この日のことだけは忘れられない。
ただ,忘れている訳じゃないし,忘れたい訳でもないのに,
あの時のショックや悲しみは,当時とは比べものにならない程度に
なってきてしまうものだという自分の変化を実感するのは寂しい。


ショッキングな出来事ですらそうなので,ましてや
日々の暮らしの中では,とてつもなくいろいろなことを
(望むと望まざるとに関わらず)忘れて/置いてきている気がする。

人間の脳の容量の問題ではなくて,『それでも人生は続く』から
生きていくために必要なことに能力を割けるようにしようと,
本能的にCPUやRAMを自動解放する,そんな感じなのかな。



5.4は,人生をムダにしていないか?と振り返る日。
もいちど棚卸しして,口だけじゃなくてやりたいことをやるんだ。

それにしても毎年良い天気で,風が強いのは彼女の仕業かな。


↓ランチした葉山ホテル音羽ノ森からのないすびゅー



バンクーバーオリムピック,開幕!

とはいえ,しがないリーマンにとっては時差ありすぎなのが厳しいっすね。
なかなか生でみることがかなわず,TwitterかYahoo!あたりで結果を知るのが関の山。


少し前に,スノーボード国母選手の服装,態度についてマスコミやWeb等で
話題になってましたが,個人的には,なにか腑に落ちないというか,違和感を感じていて,
なんだろうこの違和感は?と思ってました。

そんな折に,仕事の関係上よくチェックしている河野太郎氏のブログ『ごまめの歯ぎしり』に,
僕の違和感の答えをみつけてすごく腑に落ちたので思わずpost。

湘南国際マラソンやベルマーレに尽力していてスポーツに理解のある御仁ですが,
僕は別に自民党員でもないし,彼の意見すべてに賛成,という訳でもないものの,
僕が感じていた違和感は,そうそう,こういうことなんだよねー!と
教えてもらった気分です。以下抜粋。

しかし、不愉快に思ったり、だらしないと思ったりというのはその人の価値観であり、誰かの価値観にあわないから処分するというのは、私的な集まりではともかく、オリンピック代表団のような公の場では行えないはずだ。公の場での処分は、明確なルールに違反しているときでなければいけない。

たとえばもし、国母選手が定められた代表団のブレザーやネクタイを着ていなかったというならば、ルール違反で処分されるべきだ。

ルールは守らなくてはならない。しかし、価値観は多様だし、多様であるべきだ。ルールで定められていないことについて、後から価値観を理由に、公の場で処分するのはいかがなものか。

しかも批判が多く寄せられたから、公式な応援を取りやめるとか、誰かが不愉快に思ったから行事に出席を自粛させるというのは、対応としておかしい。



相撲の朝青龍の時もそうだし,今回もそうだけど,
「なんとなく形成されたあいまいな誰かの価値観(or 主観)で誰かが罰せられる」
のって,ちょっと変じゃないか?と思う。

日本選手団のスーツやジャージって,なぜかいつもかっこよくないし,
僕は彼の着崩しについて,全然不快感をもたなかったのも違和感の原因のひとつかも。


人の行動や言動は,それぞれその人の価値観に基づいているわけで,
それを見た聞いた側が,何を感じるか,っていうのもそれぞれの人の価値観。

そりゃ,「なんてTPOをわきまえない不愉快なヤツだ,けしからん」と思う人も
「シャツ出してたらお腹冷やすから入れた方がいいよ」と思う人も
「あの鼻ピアスカッコいい,俺もやってみたいな」と思う人もいるでしょう。
ああいう格好をする彼を見て,応援するもしないも人それぞれの価値観でしょう。


もしかしたら,彼は,彼なりの価値観に基づいて,
「本番もゴーグルするから今のうちからサングラスをかけて目を慣らしておこう」とか
「回転系の技で腰を酷使するからウェスト下げ目にしておこう」とか
「鼻のピアスは大事な誰かからのお守りで着けておくと力が出る」とか
考えているのかもしれないじゃないか。(上の例えは極端,きっと違うけどw


そんな彼なりの価値観なんて,彼にしかわからないはずなのに,
それを否定する人は,なんて独りよがりなんだろう。

ましてや,着崩すのはだめだ,日本代表としての自覚を持て,辞退すべき,とか
自分の価値観を押しつけようとする風潮って,なんて危険なんだろう。


…夜中ぼーっとした頭でそんなことを考えました。


# そういえば国母くんが前回のオリンピックも出てたってこと,
  知ってる人はどのくらいいるんだろうかね。


アイツはもうここには何も書く気がないんじゃないか?
なんて思っていた皆様も,そんなこと全然思ってなかったし
気にもしてなかった皆様も,あけましたおめでとうございました(遅すぎ)

つい先日リアル人生ゲームで1マス進み,みそへの昇格を成し遂げました,
口ぐせは 継続は力なり 継続の力なし でおなじみ,osamookです。


『2001年宇宙の旅』の年に追いついちゃったよ!と驚いてたのは
もう遙か9年も前のこと,もう今年は『2010年宇宙の旅』の年ですな。
(読んだことないけど)


遠くの人と話ができて知りたいことが調べられてGPSがナビってくれて
ランニングの距離教えてくれてゲームもできる機械が手のひらの中にある。
さすがに空は飛ばないけど,電気や水素で車が走ってる。
中東あたりでは800m超のタワーがにょきっと立ったりしてる。

一昔前に人類が想像してた未来予想図ってちゃんと現実になってきてるよなー,
今年はどんな新しいことができるようになるのか楽しみだよなー,
ニンゲンってやっぱすげーなー,宇宙人っていないのかなー,なんてことを
最近iPhoneをいじっていると実感させられます。

しかし,いくら楽しみにしてても,マヤの予言通り
2012年で世界が終わっちゃったら再来年で終了ー,なんですけどね(汗


ただ,そうでなくても人生は短い。
今年なんてもう残りたった348日しかない。

15年前の今日,阪神大震災が起きたみたいに
それこそ明日死んでしまうかもしれない。

40歳になるまでだって,たった3,600日くらいしかないんだし,
脂ののったこの時期,のほほんと無駄に過ごして後悔したくないぞと。

だから,残念ながらやらなきゃいけないこと(仕事)はとっととやっつけて,
やりたいことたのしいこと目一杯の10年にするぜよ。


…という,30にして立つ!宣言だけのこして,とりあえず,走り込みます!
 (あ,あとiTunesからハイチに募金します!(オトナなのでワンコイン分))


個人的にはすごく興味深々だったけれども,世の中的にはあまりそうでもないらしい?
横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」

しばらく前ですが,せっかく行ってきたし,写真もちょびっと撮ったので
個人的にツボだった展示ポイントを今後行くかもしれない人のために↓


(1)乗ってみたくてたまラん/ラ・マシン

RIMG0338.jpg

RIMG0345.jpg

これは実際に現物をみたほうがすごい!と思えるはず。
フランスのアート集団の作品で,なぜにクモ?という疑問は残るけど,
これに乗ったら絶対地球を救うために戦えそうな気がする。
ちびっこは抽選で乗れるらしく,羨ましげに眺めてみたものの…オッサンは無理だった(泪)


(2)ある意味エコに思いを馳せる/横浜ものがたり

RIMG0330.jpg

……多くは語りません。 ハリボテで文化祭の展示みたい ある意味エコ。


(3)カッコイイとはなんぞや/NISSAN Y150 ドリームフロント

RIMG0365.jpg

RIMG0366.jpg

NISSANのエコカー技術のPRがメインなんだけど,
展示の最後には「自分にできるエコ」を 半ば強引に 宣言させられます。
しかし,「近未来のクルマ」って,どうしてこうなんでもかんでも流線型なんだろう。
一緒に展示してあった日産初の電気自動車「TAMA」のほうがよっぽどカッコイイ。


(4)仕組みが知りたすぎる/アースバルーン「HOME」

RIMG0371.jpg

RIMG0378.jpg

夜のメインイベント的なヤツ。
なんですが,見た目のきれいさ,なんてことはさておき,
こいつのすごいところは360度映像がつながってるってところ。
どうやって球体に途切れなく映像を映せてるんだろう?という謎。


9月末までらしいので,もし行こうかなとか思ってる方は,
だいぶエコ(=めちゃ暑!)なので暑さ対策をバッチリした上でおでかけアレ!ですよ~。

2009.05.04 5.4

ジャケット脱いでシャツ一枚でも全然OKになってきたね,
そろそろ秋冬モノから春夏モノへ衣替えしないとね,
という爽やかな陽気とともに,決まってこの日がやってくる。

今年は直前まで仕事まみれだったけど,
それでも,この日だけは一生忘れない。

黙祷。

2009.04.24 タリなイ

ブログを書く時間や走ることや買い物や睡眠や食事や仕事を分担するメンバや…



うーん,とにかくいろいろ超足りないっす。(あと愛とビアーも

すいみんすいみんすいみんすいみんすいみん不足
今日もいつものすいみん不足 頭が痛くなっちゃうよー ってぼけぼけしてる中,
ほんのちょびっとの休憩中にみつけた,たぶんデジカメで撮った動画?の作品。
アイディアが素敵だし,なによりクールっす↓
(できればリンク先の高画質版で)

The Japanese Tradition -SUMO- by the bitter*girls


The Japanese Tradition -SUMO- from the bitter*girls on Vimeo.


しばらく前から雑誌等で紹介されていた噂のアジア初上陸,『テオ・ヤンセン展』@日比谷。

仕事でへろへろながらも,絶対見に行ってやるんだ!と固く心に誓っていたので,
やっとこさ休みが取れたので,最終日に駆け込むことに成功しました。

RIMG0157.jpg


さすが最終日,ということでだいぶ混んでいたのですが…,いやー行ってよかった!


結構有名人なのでご存知の方も多いと思うのですが,テオ・ヤンセン氏は
そのサッカー選手っぽい名前から想像できるとおり,オランダ人アーティスト。
風の力だけで(≒風を食べて≒風をあつめて≒風になりたい)動き続ける風食動物こと
ビーチアニマルを製作しては浜辺で飼いならしているという,まさに”一風”変わったお方。


で,展示されていたアニマルたちは,こんな感じ。

RIMG0165.jpg

RIMG0167.jpg

RIMG0174.jpg

RIMG0192.jpg
(室内では風がないので,かわりに押してみることができた)


モータなどは一切不使用,プラスティックパイプとか紐とか結束バンドだけで作られてて。

RIMG0177.jpg

過去ぶっ壊れた作品は『化石』と呼び,製作歴を進化の経緯みたいにまとめられてて。

RIMG0189_1.jpg


最新の進化型,『Animalis Modularius(アニマリス・モデュラリウス)』↓に至っては,
羽を羽ばたかせて動力源として圧縮空気をためておける胃袋(=ペットボトル)を装備,
さらにびっくりなことに,障害物に接触したら歩く向きを変える機構や
風の強い時に自分の身体を地面に固定する機構まで持ってたりするわけ。

RIMG0207.jpg

RIMG0187.jpg

こいつが動くとこんなかんじ↓(どなたかがうpされてたもの)





てな感じで,自律できる生物へとどんどん進化してるのですが,テオ・ヤンセン氏の目標は
自分が死んでも風がある限り彼らが自力で生き続ける(=砂浜を歩き続ける)ことだそうで。

作品自体素敵なのですが,ここまでくると,全体的なコンセプトの凄さに脱帽,という感じ。
この調子でどんどん進化していったら…と妄想すると,超ワックワックです。

(てか,いつもより写真撮りまくり載せまくりなところに,僕のはしゃぎっぷりが如実にw


# BMWのCF,なのかな?こいつも格好いい!




ちなみに僕は毎回落選している東京マラソン,今年も無事開催されましたね。
今回は雨はそれほど…でも風がすごかったので,相当ハードなコンディションだったのでは。
幸運にも出走された皆さん,おつかれさまでした。

年々応募の倍率が上がっていることを考えると,3回外れたら次は当確!
…なんていうような,何かしらの救済ルーレット発動を期待したくもなります。

もしくは,ゲストランナーとして走れるくらい有名になるしかないな。(ムリだろ


あまりにも羨ましかったので,仕事がてら職場から撮影したランナーたちの軌跡↓

RIMG0135.jpg

痛いし苦しい,けど何より自分自身のために精一杯頑張る!
走っている人たちのそんな姿をみてたら,自分がマラソン走った時の気持ちを思い出したり,
今の自分の置かれてる(仕事の)状況とシンクロしたりして,なんだかふつふつと
テンションが上がってきました。


そんなうずうずテンションのまま,ランナー仲間(笑)から先日お誘いを受けてた大会,
パラカップ2009 ~世界の子どもたちに贈るRUN~』のハーフにエントリーしたっす。

パラカップ2009 ~世界の子どもたちに贈るRUN~


ここ最近,仕事のピークがやってきてへろへろなので,どこまで準備できるかは正直未定だし,
4月もこのビッグウェーブは続くので,万が一出場できなくなる可能性もゼロではない…。
けれども,ただ好タイムを目指すのではなく,楽しく最後まで走れるように
うまくスキマ時間つくってちょっとずつやっていけるように画策してやるぜい。(悔しいから


# このパラカップ,ハーフだけじゃなくて,10kmも10kmウォークもあるみたいだし,
 何より,万が一走れなくても『チャリティーだから』と言い訳ができるし
 どなたか相乗りしませんか?締切は今月末だそうですよー。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。